×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

JR東日本209系

JR東日本では、国鉄から継承した103系が2000両を超えるほどあり、早期の置き換えが重要な課題となった。そこで、消費電力の少ない、また重量の軽いなおかつ大量生産のできる209系が誕生しました。
まず、京浜東北線、そして南武線、川越線・八高線に投入されました。
なお、現在後継のE233系の投入により廃車や、訓練車等に改造されている。

路線 配置 写真
京浜東北線 宮ウラ
根岸線
南武線 横ナハ
八高線 宮ハエ
川越線 宮ハエ
京葉線 千ケヨ
近郊型改造車